読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伸びないブログとは

みなさん、こんばんは

三日坊主どころか三か月坊主になりました

もう三か月妖怪とでも呼んでくれればいいと思います

 最近の口癖は「~の可能性が微量」です

 

さて、自分なりに伸びないブログを考えてみましたのでこちらにかいてみます

 

 

1.更新頻度が極端に低い

概して人気ブログというのは更新頻度が高いものです

更新度高い、のラインは更新が最低一日一回だと思っております

三か月放置した私のブログは確かに底辺です

でもきっと漬物みたいに味が染みてよい腐り具合のはずです

あとあまり更新していないと、「おいおい、○○~きいてくれよ~○○ってば・・・・!?・・・死んでる」みたいになる可能性が微量

 

2.絵や写真が極端に少ない

絵や写真がないと目を引くことができません。

人は3秒以内のアイキャッチによりそのものをその後見るかどうか決めるらしいので資格に訴える絵や写真は抜群の効果です。

私の使うようなゲスい写真ではなく、美しい写真を使い、ポイントポイントに沿うような写真を使うのがポイントのように思います

naverまとめ等も写真効果を活かした読みやすいまとめになっており、個人的には参考になる可能性が微量。

 

3.ジャンルがよくわからない

ジャンルを絞る必要があります

どうやらブログにおいてのジャンル分けは別れるようです。

 はてなブログは  人気 世の中 政治と経済 暮らし 学び エンタメ ガールズ 家電    で   Ameba(アメーバ)人気ブログランキングのジャンル一覧では    地元・地域 日記 学校 出産・育児 仕事・就職 グルメ・料理 健康・美容・ファッション 音楽・芸能 絵日記・小説 恋愛・結婚 ペット 生活 お役立ち情報 趣味 ゲーム その他      の十何個かになるそうです、めんどくさいので数えてください。

最初から層が決まっているのならなおよいでしょう、しかし現実的には、はじめてみなければ読者層はわかっていきません。

60代のおばあちゃんに「パリピ、ポケGOの波にのまれる」とか言われてもちんぷんかんぷんで反応するワードかけらもなしでしょうが、「高倉健、久々に映画で主演(※高倉さんはお亡くなりになったので実現不可能です)」と言われれば普段見えない速さで俊敏に反応するやもしれません。

ちなみに「5,6歳の孫にはポケモンGOが最高に喜ばれるプレゼントですよ!!」と言われればうまく売れそうじゃね?とおもいました。

そのため、自分が扱っているジャンルまた、そのジャンルの読者が好きそうなタイトル付けが最重要課題となるのかもしれません。

 

4.ブログ主が得体のしれない生き物

ブログ主がケモミミ美少女であれば何の問題もありません。

が、描いているのがドムやシャアやパワータイプのブ☆ス(私それですが)という可能性もあります

いやいや、時代は進んでるんです。

となれば描いているのがAI(人工知能の可能性もありますね。

そこから妄想するとドキがムネッムネ(ぁあ、ヒカルくんみたいなAI美男子が私と通信をしているうちにお互いの胸の中で、本能寺の変的な化学反応で二人の間に穏やかな愛情が爆誕していき・・・・)ですが、あくまで微量の可能性です。

 

5.アクセス数が全くない

どんなに中身が充実していて面白かったり、役立つ情報でもそもそも見てくれる人がいなければ悔しいかな、意味がなかったりします。

それは例えば高速道路のど真ん中にめっちゃ低コストでうんめぇラーメン屋があっても誰も入らない(入れない)のと一緒です。

もうここは媚を売ってでも人におしつけていきましょう。

個人的には暖かい布団ですやすや寝ている人のまぶたをこじあけ無理やりに視界に入らせるくらいでいいと思います。

 

5.漢字や句読点をまったく使わない

 全てがひらがなとか本当に読みにくい。

そのうえ、改行なしとか、もはやつらい。

確かに喧々囂々とか使う必要はない

しかしすべてがひらがなとかまじでありえないほんとうにこころのそこからつらいところがありけりなかんじです。

ほら、読みにくい。

な?読みにくいだろ??(ドヤ顔

 

 

 

3個くらい目から、もはやこじつけと信憑性のなさのオンパレードになった今回の記事の結論ですが

私に優しい言葉をくれ

(くれないやつは足元にさっとうんkを置いてやります)ということです。

その際の甘め度具合ですが、生クリームに、練乳とバターをぶち込み、はちみつをトッピングしたくらいの甘さ具合でOKです。

もう私めはコンクリートジャングルでガタガタふるえているかわいそうなゴリラなので人の優しさがなければ泣きますし、動物たちを見習って私は冷たい輩には唾を吐きうんkを投げる構えでいます

優しい読者がいると信じ、震えながら鎌倉をつくり汁粉を飲んで待っています